ルワンダと日本の二国間関係

ルワンダと日本は、1962年に国交を樹立して以来、長年にわたり良好な二国間関係を築いてきました。ルワンダは、1979年5月に東京に大使館を開設しましたが、2000年9月には、債務超過の貧困国(HIPC)プログラムの枠組みの中で行われた経済・財政再建のために、大使館を閉鎖せざるを得なくなりました。 その後、ルワンダ大使館は、2005年1月に再開されました。

 

両国は、政府要人による定期的な取り組みに支えられ、ますますダイナミックな関係を享受しています。二国間関係のハイライトは、カガメ大統領の2回にわたる訪日です。2019年1月7日~10日には、安倍晋三首相と首脳会談を行ないました。2019年8月28日~30日には、横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に出席し、日本とハイレベルの二国間会談を行いました。両訪問では、既存の二国間関係を強化し、日本との協力を深めました。

 

ルワンダと日本の二国間協力は、経済、貿易・投資、技術支援、能力開発の分野において、着実に進展しています。両国は、交通、エネルギー、水・衛生、農業、教育などの重点分野で実質的な協力を行っています。そのほかにも、ICT、宇宙・地理空間情報技術の分野で協力を推進しています。日本の支援は、プロジェクト及び非プロジェクト無償資金協力、技術支援、プログラム・アプローチ、円借款を通じて行われています。両国は今後も二国間関係を発展させ、協力を推進していくことを確認しています。