ルワンダの観光

ルワンダは、アフリカ大陸の中心にあります。火山の力で大陸プレートが引き離されてできたアルバーティーン地溝帯の中央に位置し、卓越した生物多様性と比類なき美しさをあわせ持つ世界を見ることができます。

 

そんなルワンダを、アメリカの著名な人道主義者であり作家でもあるロザモンド・カーは、「地球で最も美しい場所」と呼び、《世界の地図.com》は「アフリカ大陸で最も美しい場所のひとつ」と称しました。

 

ルワンダは起伏に富んだ地形から、「千の丘の国」という名でも知られています。息を呑むような美しい自然環境と、さまざまな国立公園に生息・生育するユニークな動植物が特徴です。

 

ルワンダは、コンゴ盆地の森林生態系と東部の大地溝帯を橋渡しする位置にあります。その結果、両地域の生物学的豊かさを共有し、アフリカでは他に類を見ないほどの生物多様性の集積地となっています。国の自然資産には、6つの火山と23の湖、多数の河川が含まれます。北部には壮大な火山と鬱蒼とした熱帯林が広がり、残りの地域には丘や谷、湖や川、サバンナ、熱帯植物などがあります。

 

ルワンダ北部のヴォルカノ国立公園には、絶滅危惧種に指定されているマウンテンゴリラが世界で最も多く生息しています。トレッキングツアーの参加者は、保護区内に生息するゴリラたちを近くから観察することができます。

 

ルワンダでは670種の鳥類の個体数が記録されており、ニュングウェ森林国立公園では100種のランが確認されています。アカゲラ国立公園はサバンナの公園で、ライオン、キリン、ゾウ、カバ、ハイエナ、インパラ、ガゼルなど典型的な野生動物が生息しています。

 

また、西部のキヴ湖と東部のムハジ湖は、ウォータースポーツや釣りに適しています。キヴ湖には美しいビーチがあり、湖に突き出た半島や湖に浮かぶ小さな島々の景観も楽しめます。

 

その他のアクティビティーとしては、ニュングウェ国立公園のキャノピーウォーク、洞窟探検、フエとルバヴの魅力を紹介する市内観光ツアー、自転車愛好家にとって完璧な地形を楽しめるマウンテンバイク、キヴ湖の釣り、トレッキングなどがあります。トレッキングには、マウンテンゴリラが休息、睡眠、食事をするところをすぐ近くから観察できるマウンテンゴリラトレッキングもあります。

 

ルワンダ観光の詳細はこちらをクリックしてください。

 

ルワンダ観光の動画はこちらをクリックしてください。